民間資格とは一体何なのか

民間資格の認定とレベルは?

国家資格と違って、民間資格は一体どうなのか?
民間資格は「業界の発展・向上を目的」としており、民間団体・企業・学校側が独自の基準で認定する資格とも言われています。
また、企業側などによって国家資格と同じように知識があるものとして広く知られている資格などのレベルが高ければ高いほど資格の取得が難しくなりますし、逆に取得がかなり易しい反面、職に就く際の価値が低く見られがちになるなど、それぞれ違います。
ですが、民間資格は国の制度がまだ十分ではないこともあって、資格の言葉を利用した卑怯な詐欺もあるので、注意しなければなりません。
国家資格とはまた違って、職種の数が多種多様なため、ほとんどの人がこの資格を取得することが多いです。

職業は数多く存在する

では一体、民間資格にはどのような資格があるのでしょうか?
今回は、たくさんある職種の中から、一部を取り上げて少し詳しくその職種について説明していきます。
一部をご紹介すると、整体師・医療事務・メイクアップアーティスト・MOS・秘書検定・賞状技法師・介護事務といった感じです。
このほかにもまだまだあるため、探すのにも一苦労ですね。
では、今ご紹介した職種の中でどんな仕事内容なのか説明していきます。
1.整体師
整体師とは「手で背骨・骨盤・頭骸骨の矯正を行う人のこと」であり、神経の圧迫の除去・痛みを和らげる効果・病気の治療などといったことが期待されています。腰の痛みを和らげるために利用している人も多く、最近では開業するお店も増えてきました。
2.秘書検定
この資格は「社会で働く人に誰でも備えておいてほしい基本的な常識を身につけることを目的」としています。
学生さんでこの資格を取得する人も多いです。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page
top