2つのうち取るとしたらどちらが有利なのか

いったいどちらを取るべきなのか?

では民間資格をとるべきなのか、国家資格をとるべきなのか、一体どちらが自分に有効なのかを考えますよね。
これは、一番簡単なことでもあり難しいことでもあります。
自分が何をしたいのか、どんな仕事をしたいのかが分からないという人もいると思います。
ここで、言いたいことはこの資格を取得するべきということはないということです。
義務感という意識を持っていることで、すごく憂鬱に感じてしまって、資格を取得するのがとても辛くなってしまいます。
もちろん、たくさん勉強して合格したときはとても達成感がありますが、不合格になったときの絶望感であったり次に再挑戦するときの気力がどうしても湧かなくなってしまうのではないでしょうか。
ですから、こちらを取るべきだという義務感を捨てて、この資格をとりたいという興味を持っているワクワク感で自分が興味をもった資格を取得するのが一番良いのではないでしょうか。

大事なのは自分が何をしたいのかということ

先ほど、自分が何をしたいのか分からない人は興味・趣味感覚で資格を取得するのも1つの方法であることをお伝えしましたが、ここでは自分が何をしたいのかがある程度決まっている方向けにご説明します。
自分がこういう仕事をしたい、こんな風に働きたいというイメージができている人は、ではその職業は資格が必要なのか・どのような資格なのかを調べる必要があります。
調べていくうちに、「こういう資格が絶対に必要」「この資格があればやりたい仕事に役立つ」といった良き情報を得ることが可能です。
そこから更に深く調べていって自分のやりたい目標に向かって進んでいけばいいのです。
これを調べいくことでやる気が出てきたり、不安になってしまうことがあると思いますが、それでも1歩ずつまえに進んでいる証拠です。
大事なのは、自分は将来どうなりたいのか、どうしたいのかということを明確に、それを原点として進んでいくことです。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page
top